読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる中学生

中学生の家庭学習や生活の記録

スポンサーリンク

【英語編】中1男子の家庭学習方法まとめ(使用する教材、方法など)

少し前に家庭学習に使っている教材について書きました。

中1男子が家庭学習に使っている教材リスト(価格、選んだ理由など) - がんばる中学生

あれから学校の授業や部活が本格的にはじまってみてわかったことがあります。それは…

「思っていたより時間がない!」

ってこと。なんとなく手探りで家庭学習をすすめていたんですが、限られた時間を効率的に使うためには「何をどのくらいやるか」をはっきりさせた方がいいなと思いました。そんなときに友達からすすめられて読んだ本がこちら。 とにかく内容の充実っぷりがはんぱない!学習計画の立て方、授業を聞くときのポイント、暗記のコツなど、すぐに実践したくなるようなことばかり。早速「ものは試し」ということで、紹介されている方法を毎日の家庭学習に取り入れることにしました。


今回は英語の家庭学習方法についてまとめてみます。参考までに、今までの方法はこんな感じ。

  • 教科書音読と教科書ワーク
  • 毎日1ページずつすすめる



使用する教材リスト

「中間・期末テストに強くなる勉強法」に紹介されている方法にのっとって、足りないものについては買い足しました。(記事の最後に商品の紹介を載せておきます)

教科書

日々の家庭学習は教科書がベース。

教科書準拠リスニングCD

学校から英和辞典、和英辞典といっしょにリスニングCDの注文用紙ももらってきていたのに「いらないかな〜」と思って買わなかったけど…買っておけばよかった!そしたらもう少し安く買えたのに!

教科書ガイド

教科書準拠の教科書ガイドは、教科書本文の和訳を確認するために使用。

英文法問題集

英文法の問題集をどれにするか結構悩んで、書店にあるだけ見比べてみた結果、本の中でも紹介されていた「英文法パターンドリル 中学1年 (シグマベスト)」に決めました。決めては、シンプルさと例文の量がちょうどいいところ。CDつきとか、動画があるよとか、いろんなうたい文句の問題集があったんですけど、あれもこれもCD聴いたり動画みたりってなるのはかえってめんどくさそうだなと思ってやめました。

教科書ワーク

テスト前の仕上げに使用。

毎日の家庭学習方法

本の中で紹介されている英語の学習方法は「イメージ音読法」「文法学習」というもの。簡単に説明すると、イメージ音読法は「ただ音読するんではなく、イメージしながら音読しようね」、文法学習は「英文をすばやく読めるようになるために文法を身につけようね」っていう感じ。

平日5日間は、この2つを組み合わせながら毎日英語に取り組んでいきます。

イメージ音読法

項目 内容
学習ペース 週3日
時間 1回40分
使用する教材 教科書、ノート、教科書ガイド、リスニングCD

「リスニングCDを聴く&教科書音読→和訳(教科書ガイドで答え合わせ)→イメージしながら聴く&音読」という流れでやっていきます。

リスニングCDを聴く方法

方法はなんでもいいんだけど。うちの場合はiTunesに読み込んでiPhoneと同期したうえで「Audipo」というアプリを使って再生してます。いろいろな方法を試してみて、リピート再生AB間再生ができ、速度調整ができるAudipoが一番しっくりきました。同じようなアプリに「リスタノ」っていうのもあるんですけど、これは速度を調整した時に音質がかなり劣化するのであまりおすすめしません。

Audipoの使い方については、こちらの記事が詳しいです。

無料のスマホ用音声再生アプリAudipoで英語のリスニング力を伸ばそう☆ | Enjoy Learning English!!

文法学習

項目 内容
学習ペース 週2日
時間 1回25分
使用する教材 英文法の問題集、ノート

家庭学習では、問題集に直接答えを書き込むことはせず、解き直しもできるようにノートに書くのが基本!そうしておくと、年の近い兄弟の場合、教科書内容がかわらなければ同じものを使えるというメリットもあります♪

テスト前の学習方法

日々の家庭学習でテスト範囲の学習はできるようになってる前提で、テスト前は解き直しと実践演習などで仕上げをする。

英文法の問題集の解き直し

間違えたところを中心に。

教科書準拠の問題集を解く

ここで教科書ワークを使う。

リスニング問題への対策

リスニングCDを使ってディクテーション。スタディサプリEnglishでもディクテーションはやっているので、教科書レベルならおそらく抵抗感はないはず。

まとめ

  • 普段はイメージ音読法と文法学習を組み合わせながら毎日取り組む
  • テスト前は解き直しと教科書準拠問題集などで仕上げ

まずは「中間・期末テストに強くなる勉強法」に書いてある方法どおりにとりあえずやってみて、トライ&エラーを繰り返しながら長男にあった方法にしていければいいな〜と思います。

次回は「数学」についてまとめる予定です♪

教材リスト